ママと子どもが一緒に学べるマレーシア留学

マレーシアへの母子留学が熱い!今まさに大注目を浴びているママと子どもが一緒に学べるマレーシア留学とは

早期学習という言葉をよく聞くようになり、それと同時に目にする言葉が「母子留学」です。
ママと子どもがいっしょに海外に留学をして、語学や学問を学ぶことを母子留学といいますが、
いまその留学先として熱い視線を浴びているのが今回ご紹介する「マレーシアへの母子留学」なのです。
マレーシアといえば世界中から観光客が訪れる東南アジアのリゾートですが、
それと同時に経済的な発展、さらにはアジア圏を引っ張るリーダー的な存在として教育面にも相当の力を注いでいます。
これまでの歴史的な流れから、イギリスに本校をもつ学校の多くがマレーシアに分校を置いています。
マレーシアにいながらでも本場の英語を学べること、そして質の高い教育を受けられることからも海外への母子留学先として人気が高まっているのです。
多様化が進むこの時代にあって、どんなことにも対応できる人間性を養うために
子どもが小さなうちから母子二人でマレーシアへの留学を目指す家庭も増えているのです。
 

ママといっしょだから安心!マレーシア母子留学の目的とは?

ここ数年で、母と子どもが一緒に海外で勉強をする母子留学が人気を博しています。
国際化する今日この頃、日本のお隣にある韓国では、英語を話せて当たり前といった風潮からたくさんの家庭で母子の海外留学が積極的に行われています。
日本では最近、自分で考える自主性や創造性(想像性)、いろいろな人との関わりを持つことで得られる多様性を受け入れられる心、
そして将来何が起きても柔軟に対応できる能力を子どもに養わせたい
という理由から、幼少期から語学に限らずたくさんのことを学べる早期学習、
中でも早期留学の機会を作ろうという親御さんが増えているのです。
しかしそれでも、子どもが小さければ小さいほど一人で海外に行かせるのは心配ですし、
子どもだって寂しさのあまり精神的に不安な状態になってしまう可能性だってあります。
だからこそいま注目されているのが、ママと一緒に行けるマレーシアへの母子留学なのです。
マレーシアへの母子旅行を目指す家庭はたくさんいますが、その理由も人それぞれです。
以下では、マレーシアに母子留学をする目的についてまとめています。
目的を明確にすることで選ぶ学校や学びたいと思うこと、さらには留学期間なども決めやすくなります。
目的1:国際的に活躍するための語学を習得するため!
マレーシアへの母子留学を目指す人の最初のきっかけといえば、やはり「語学の習得」ではないでしょうか。
日本で暮らしていると、英語教室に通う、またはインターナショナルスクールに通うといったことで
基本的な英会話を子どもの頃から学ぶことはできますが、普段の生活で使うとなると容易ではありません。
それはやはり、日本の公用語が日本語であり、学校を離れてしまえば必然的に日本語ばかりを使う生活になるからです。
これが、マレーシアに母子留学をした場合であればどうでしょうか。
マレーシアでは、公用語であるマレー語のほか、英語や中国語を使いこなすマレーシア人がたくさんいます。
実際に、英語を話すことができればマレーシアで生活をするときにも言葉の壁はなくなりますし、より多くの人とコミュニケーションを交わすことができます。
英語が話せることは、国際化が進む現代においてさほど珍しいことではなくなっています。
いまは、母国語のほかに英語、そして第三言語を話せる人も少なくないといった時代だからです。
マレーシア人の多くは、マレー語、英語、中国語と多数の言語を普段の生活から使いこなしているマルチリンガルな人が多いため、
世界でも重宝される人材が多いことでも話題になっています。
このような環境にあるマレーシアへ、母と子が一緒に留学できれば、子どもはもちろんのこと、
お母さんとしても今後のスキルアップを図るための大きなきっかけにすることができる
でしょう。


マレーシア 学校

学生ビザ マレーシア

海外研修 マレーシア

MM2H