ママと子どもが一緒に学べるマレーシア留学

目的3:英語も中国語も学べるという選択肢の広さ

子どもの興味は無限に広がります。
そのため、子どもが好きで学びたいと願う選択肢をいろいろと準備してあげるのが親の務めでもあります。
母子留学をするときには、もしかすると先にお母さんのほうが英語を学びたいという気持ちが強いかもしれません。
そういった姿をみた子どもは、自分もお母さんと同じように英語を習得したいという気持ちに導かれることもあるでしょう。
また、マレーシアへの母子留学であれば、普段からマレー語、英語、中国語に触れる機会が多いことから、
子どもが英語よりも中国語を学びたいと考えるきっかけになるかもしれません。
中国語は、母語話者の人数が世界一の言語です。
そして、中国自体も今後アメリカを抜いて世界最大の経済大国になるだろうと予想されています。
こういった点からも、今後英語だけでなく中国語を専門的に勉強したとしても決して無駄になることはないでしょう。
マレーシアへの母子留学であれば英語だけでなく中国語を学ぶ機会も多いため、子どもの選択肢を増やすきっかけになります。